SKILLS OF LIFE

目指せライフハッカー! TIPS & TRICKS FOR YOUR BETTER LIFE

カテゴリー一覧
  • コンピュータとインターネット
  • 便利ツール(ソフトウエア)
  • WEB
  • ハードウェア
  • 超初心者のためのLinux入門
  • セキュリティ関係
  • 楽器
  • エレキギター
  • 三線とウクレレ(総合)
  • 三線(糸掛け/音緒)
  • フレット三線/ベグ三線
  • その他の楽器
  • 初心者のためのギター入門
  • エンターテイメント・アート
  • いろんなモノ レビュー
  • 科学・技術・学問・教育
  • 時事・話題
  • 生き方・人生・人間関係
  • 生活・料理・便利グッズなど
  • 医療・ヘルス・ダイエット
  • スポーツ・武道
  • DIY・工具・車・バイク
  • 政治・経済
  • 雑学・その他
  • おもしろネタ・動画・画像
  • パンダクラブ
  • 霊魂学(古神道)
  • 霊魂学的(補足・蛇足)
  • 霊魂学的(雑記・雑談)
  • リンク
  • 日記・雑記
  • キーワードで抽出
    スポンサーリンク

    スポンサーリンク
    [edit]
    数年前、クーラー(ダイキン)が壊れてしまったことがありました。修理に来てもらい、その時に、初めて知りました。やっぱり・・・ちゃんと掃除しなきゃいけないものだったんですね・・・(おい)いえ、普通のクーラーならフィルター掃除くらいしますよ!(笑)でも、最近のクーラーはどれも、自動清掃機能がついてるわけで。「自動的にフィルターをクリーニングしてくれるので、掃除がいらない。」そう宣伝してたやないですかっ!...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    『ダイソンのコードレス掃除機は高額な価格の割りに作りがちゃちく感じました。 ちょっとぶつかったりすればすぐに塗装が剥がれるようなクオリティです。 お国柄の特徴が製品の外装にでているので過度な期待はしないほうがよいでしょう。』 うんうん、分かるわかる・・・(笑) ダイソンが公表しないコードレス掃除機の欠点のまとめ コードレス掃除機マニアの比較サイト おすすめのコードレスクリーナーを徹...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    個人的には、色々調べるほどに、ダイソンはコスト/性能比で買うべきではないと思っているけれど・・・ それでもやっぱり、マキタとか他の掃除機を薦めて使わせてみても、"やっぱりダイソンを使ってみたい" という人は多いみたいで・・・(T~T) ダイソンのブランド戦略恐るべし・・・ という訳で ダイソンのハンディタイプクリーナーの種類まとめ ダイソンのハンディクリーナーは、発売時期ごとに大きく分けて、 DC1x...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    ダイソンの弱点は吸引力の弱さと書いたが、吸込仕事率が高ければゴミを取る能力が高いと言うわけではない、という主張も根強くある。 [家電製品ロングレビュー] 主要メーカー6社のサイクロン式掃除機をガチ比較 前編 ~吸引力ダントツだったのはやっぱりあのメーカーだった スティッククリーナーやロボット掃除機の人気に押されて、ここのところ少し存在感が薄れているキャニスター式掃除機。とはいえ、年末の...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    ダイソンは吸引仕事率を公表していないようだ。JIS規格では吸引仕事率を明記するよう義務付けられているそうなので、JISには準拠していないのかもしれない。(あるいは製品購入者に渡される書類には記載があるが、HPなど目立つところでは記載しないようにしているのかもしれないが。)実際のところ、どれくらいなのかしつこく検索してみたところ、V6シリーズにおいて、「100W(強)/28W」という情報をいくつか見つけた。古い機種...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    掃除機は吸引力が強力なので有線式のほうが私的には好みではあるが、やはりコードレス(バッテリ式)が必要な場面もあると思う。 ハンディタイプの掃除機は事実上マキタとダイソンが双璧であろう。  ⇒ コードレスクリーナー@AMAZON ただ、ダイソンは、それほど飛び抜けたスペックがあるわけでもない割に、値段が高い印象。コスパで考えるならやはりマキタか。 しかしマキタの製品は、種類が多く、そのラインナップの...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    と、言うわけで、ポチっとな、したのが、これこれが、使ってみたら非常に良かった!(のでこの記事を書く気になった)吸引仕事力は185W、吸引力は超強力というわけではないが、普通の掃除機と遜色ない程度には強い。音は、まぁまぁうるさい(運転音:63dB)、夜には使えない、まぁこれは致し方ないだろう。90dB:大声による独唱・騒々しい工場の中80dB:地下鉄の車内・電車の中70dB:電話のベル60dB:騒がしい事務所の中・普通の会...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    「掃除機が全然進歩してない」と叫んでいた女性の弁によると、手で持って作業できるのが良い、のだそうだ。非力な女性が持って歩くのには、少しでも小型・軽量であるほうが良いわけだが・・・そういう意味では、最近流行りのハンディタイプも完全とは言えないのでは?バッテリー・モーター・ゴミカップ・ホース・ノズル、それらすべてが一体型であると言う事は、重量がどうしても重くなるからだ。女性の非力な腕力では、振り回し続...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    掃除機の要素をいくつかまとめて挙げると「吸引力」「音量」「値段」そして「サイズ・形状・重量」があると思う。ダイソンは、現在は、Dyson Ballという本体が小型のモデルが日本の市場では主流になっているようだ。これは、狭小住宅が多い日本の状況に合わせて開発されたものらしい。本体サイズを小型化しただけでなく、音量も小さくし、さらに球体形状にすることで、引きずって歩いた際に家具に引っ掛かりにくくなっているという...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    ダイソンの弱点、次に気になる問題、それは音量(騒音)ダイソンは吸引仕事率が低いのに、その割には非常に音が大きい。明確に数値で比較検証したわけではないが、自分が所有していた初期のモデルでは、おそらく、日本製の吸引仕事率が高い掃除機よりも、ダイソンのほうが騒音レベルは上だったと思う・・・いや、ダイソンだけがことさら音が大きいということはないのかもしれない。しかし、なにせ、その「吸引力の弱さ」の割に、「...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    ダイソンの最大の弱点、それは───意外にも「吸引力が弱い」こと。吸引力が衰えないので実感としては少ないが、言われてみればそうかも・・・?特にノズルヘッドを外してホースだけで吸わせるような状況になると、ちょっと弱いのかなと思う。意識し始めると、弱いかも・・・?と気になってくる(笑)言われなければ気づかない程度には、十分不自由なく使えるレベルではあるけれど。しかし他メーカーとスペック比較をしてしまうとかな...

    続きを読む

    スポンサーリンク
    [edit]
    「どうして掃除機は何十年経っても全然進化しないんだっ!!」と叫ぶ知人の女性(笑)掃除機はかなり進化してきたと思うのだけれど、その女性の主張を聞くと、もっともだと思った。要するに、体が小さい、腕力が弱い女性が扱いやすい掃除機がないのだ。思い返せば、ダイソンの登場は、画期的な進化であったと思う。それまでの掃除機は、ゴミを吸えば吸うほど吸引力が弱くなってしまう。大量のゴミを処理しなければならない時、ゴミパ...

    続きを読む

    サイト内検索 by Google

    WEB全体を検索

    MENU

    トップページ 記事一覧 問い合わせ
    リンク リマインダー 管理者用

    スポンサーリンク

    最新記事

    Linux Postfix dovecot メールの保存形式をMaildir形式にする(自分用覚書) Jul 22, 2017
    歌手の「声」が嫌い は仕方ない・・・(´・ω・`) Jul 22, 2017
    Windows10 Spotlight に面白い壁紙が出てきた Jul 22, 2017
    車酔いには(▼ー▼)v Jul 21, 2017
    机上の空論の技を実際に試してみたら、悲惨な結果になった話(^□^;) Jul 21, 2017
    マスコミの偏向報道や印象操作を見かけたらするべき事 【 ISO 26000 / JIS Z 26000 】 Jul 21, 2017
    オレオレ詐欺! Jul 20, 2017
    標準装備にすべき ― 自動便座開閉機能 Jul 20, 2017
    立ちションする人間が居なくなることを願う・・・ Jul 20, 2017
    人はなぜか詐欺師の甘言に騙される Jul 20, 2017
    【ウイルス注意】重要書類 Jul 19, 2017
    【ウイルス注意】口座振替払い Jul 19, 2017

    過去記事

    スポンサーリンク