SKILLS OF LIFE

目指せライフハッカー! TIPS & TRICKS FOR YOUR BETTER LIFE

カテゴリー一覧
キーワードで抽出
スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーサイト
[edit]
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
☆当サイトは移転しました◇移転先は…◇http://pandametal.xsrv.jp/wp/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
無断でリンクを貼るのは違法行為かマナー違反か[3]
[edit]
無断リンク問題[3]

短い「題名」は著作物とは認められない。長い題名は独創性が認められれば著作物として認められる場合がある。

と言う事でしたので、題名を書いてリンクを張ることは問題ないということになりそうです。

しかし今度は、長いタイトルに独創性が認められる可能性があるなら、サイトの「URL」は著作物ではないか?と言う主張をした例があったそうで。

随分色々な事を考えるものですね(笑)

これは、個人で主張したのではなく、HPスペースを提供している運営サイト側が、自分たちの契約者に付けたアドレス(URL)を勝手に扱うな、と言うような話しだったと思います。

結論からいうと、URLは住所みたいなものなので、著作物としては認められない、と言う判例が出ていたと思います。

住所に著作権を主張しだしたら、郵便物が何も届かなくなってしまいますからね(笑)



では、タイトルと住所を紹介するのはOKとして、内容を引用して紹介するのは著作権の侵害なのではないか?

と言う問題

これは、ネット上の問題だけでなく、一般的な著作物について共通して言える事ですが。

人が作ったものを、自分のモノと偽って流用するのは明らかに著作権の侵害ですね。

たとえ、ブログやSNS等に書かれていたちょっとした文章であっても、勝手に使うことは犯罪です。

しかし、「引用」は法律的にも許されているのですね。

引用に該当するには、引用であること、引用元を明記してあること、が条件となります。

※では引用元が明記してあればどこまでも許されるのか?例えば本を一冊まるごと引用しても、「引用」の条件に合致していれば良いのか?という問題がありますが、ソレに関してはケースバイケースで総合的に判断される事になると思われます。(※引用の条件についても実際にはもっと細かく決まりがあるようです。まるごと一冊引用したとしても、その必然性が認められなければ、おそらく引用とは認められないでしょうね。)



新聞などのニュース記事も「著作物」となります。

現代は、新聞社等のニュースメディアが毎日様々なニュースを配信しています。

それらをSNS等でシェアして紹介/引用したことがある人は多いと思います。

しかし、各新聞社は、当初、新聞記事へリンクを張ることは著作権の侵害なので禁止であると主張していたのをご存知でしょうか。

つづく



☆当サイトは移転しました◇移転先は…◇http://pandametal.xsrv.jp/wp/
スポンサーリンク
スポンサーリンク
関連記事

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

検索フォーム

MENU

トップページ 記事一覧 問い合わせ
リンク リマインダー 管理者用

スポンサーリンク

最新記事

移転のお知らせ Aug 21, 2017
充電式 Wifi 監視カメラ Aug 13, 2017
カラーネーム(色名)で指定できるグレー諧調 Aug 13, 2017
ハーゲンダッツコーヒー味 Aug 13, 2017
捕虫器 どれがいい? Aug 13, 2017
「愛がなければ平和になる」 タモリの言葉に納得 Aug 13, 2017
飲みかけのペットボトルはじつは・・・?! ホテル従業員からのお願い Aug 12, 2017
遅れに遅れて、今更ながら観ました「思い出のマーニー」(笑) Aug 12, 2017
アホな客は全部切っていいですか Aug 12, 2017
「パソコンの調子が悪い」「自分は何もしていない」と言う謎 Aug 12, 2017
メモリーテスト Memtest86 Aug 11, 2017
すごく簡単に画像の加工ができるソフト PhotoScape Aug 10, 2017
Microsoft Edge で新しいタブを開いた時に開くページを指定したページにできない Aug 10, 2017
偉そうな態度をとる人間の肩書は大抵・・・ Aug 10, 2017
エクセルのファイル名には [  ] が使えない Aug 10, 2017

過去記事

スポンサーリンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。